2009/12/06

BCJ「リナルド」でレイチェル大爆発!

今日は、東京オペラシティで、BCJのヘンデル「リナルド」を聴きました。今年の夏のイギリスツアーで演奏されたものを日本でも聴けたわけです。

主な歌手は、ソプラノの森麻季さん、おなじみのレイチェル・ニコルスさん、カウンターテナーはなんと若手を4人も。バスは萩原さん。

男性歌手はバスの萩原さんを除き全員カウンターテナーという、極めて珍しいパターン。普通は英雄役の一人程度なのに。

全部で3幕の長いオペラ。第1幕は正直冗長で、まったりした雰囲気がずっとただよっていたのですが、それを打ち破ったのが、打楽器の雷鳴と魔女役のレイチェルさんの強烈な声。そこから全体が一気にヒートアップ。第2幕では森麻季さんの有名なアリアでこの日初めて激しい拍手が。そのあとは物語りも演奏も緊張感を増して劇的に。演奏会スタイルなのに、レイチェルさんのあのからだをめい一杯生かしたちょっとした演技が迫真で、しかもコミカルな笑いをさそうという、まさに娯楽オペラならではの光景。第2幕が終わったところでまるで終幕のような万雷の拍手。お客さんも盛り上がってしまった。これでは第3幕はどうなってしまうのだろう。演奏会形式でこんなに盛り上がることがあるのでしょうか?

第3幕は、ものすごい速さでストーリーが展開。無理矢理結論にもっていているのではと思うような、かなり強引な展開。そんな中で、レイチェルさんと萩原さんのコンビが笑いと強烈な印象を残す。あくまでまじめなリナルドとアルミーダとは対照的で、超個性的。主役を食ってしまうのではないかという存在感。

オケも歌手もかなりノリノリ。ステージ上で笑顔が絶えない。ヘンデルは気持ちがいい。

レイチェル・ニコルスという歌手。最初は代役とか2番手とかいうイメージでしたが、この日も含め、もう立派な主戦級、BCJを代表するゲスト歌手。また新たな存在感と魅力を存分に印象付けた、そんな演奏会でした。長かったけど、楽しかったです。年末のメサイアが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/07

鈴木秀美「ファミコン」は初期バロックシリーズ

「夏休みファミリーコンサート」

出演:鈴木美登里、若松夏美、荒木優子、鈴木秀美、上尾直毅

曲目:

(前半)

A.チーマ カプリチオ、G.P.チーマ 三声のソナタ、D.ガブリエリ ソナタ(チェロ)、G.F.ヘンデル わが運命に涙して、A.ヴィヴァルディ ラ・フォリア

(後半)

G.フレスコバルディ そよ風吹けば、ジャン・バプティスト ミュゼットとVnのデュエット、ヘンデル 調子のいい鍛冶屋、B.バルトーク Vnのためのデュエット、T.メールラ チャッコーナ、A.ファルコニエーリ チャッコーナ、金髪のかわいいお嬢さん

果たしてこれが「ファミリーコンサート」の曲目なのでしょうか?なんとマニアックな!!!

でも、お母さんたちには大ウケ。子供たちは太鼓(あの鈴木美登里さんがたたいた!)とミュゼットに大喜び。どちらかというと、子供向けというよりは、普段コンサートに来られないお母さん向けという感じ。

演奏はさすがにこのメンバーだけあって、超一級品。二日続けて古楽器演奏のもっともすばらしいところを聞かせてもらいました。しかも大好きな初期バロックだし。チーマが二人いるとは全く知らず。A.チーマは初耳です。G.P.チーマは、古楽オタクの間ではブリュッヘンやアラリウスアンサンブルの演奏などでかなり有名ですが、一般にはほとんど知られていない。「G.Pの方が有名です」と説明されていましたが、ほとんどの人には「そういわれても・・・」という感じだったでしょう。

この日一番面白かったのは、ミュゼット&Vnのデュエットとバルトーク。バルトークは弓こそ比較的新しいタイプですけど、楽器はバロック。それで演奏。なかなか刺激的で面白かった。そして、ミュゼットは、こんなの家で練習していたら近所からどんな風に思われるんだろうな?などとどうでもいいこと考えながら楽しませてもらいました。

終演後は、CDも売れるし、サインも求められるし、ということで大忙し。お母様方にはとても楽しいコンサートだったようです。

ステージ上も客席もファミリーだらけ、などという声も聞かれましたが、本当に二日続けて得した気分。贅沢三昧させてもらいました。

これで古楽の演奏会もしばらく夏休み。今度は自分の練習だ。

Img_7443a

Img_7445a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/18

北とぴあ&荻窪音楽祭

いま、北区では北とぴあ国際音楽祭、杉並区では荻窪音楽祭が開催されています。

北とぴあ国際音楽祭といえば、古楽の世界では非常に有名で、寺神戸亮さんの「レ・ボレアード」が毎年オペラを上演したり、今年は韓国の音楽を取り上げたりと、割合とお金をかけてきちっとした企画をやり、しかも、街角出張コンサートということで、区内の学校や公民館などでもコンサートを開催している。

一方、荻窪音楽祭は、古楽とは一見無縁なように思えますが、実は小さなコンサートがいくつか行われています。

さて、両者の一番大きな違いは、北とぴあが官製音楽祭であるのに対し、荻窪音楽祭が行政とはほとんど無縁の地元の商店街による音楽祭ということでしょうか。北とぴあは北区の財団が主催し、荻窪は地元有志による実行委員会が主催で大部分は地元の民間の音楽関係の施設や喫茶店など。お隣阿佐ヶ谷のジャズストリートや高円寺阿波踊りと同じスタイルです。

荻窪には、杉並公会堂があります。最近、古楽の演奏会もかなり増えてきました。初めて使うというケースが多いので、果たして継続的に使われ続けるのかどうかはわかりませんが。しかし、杉並公会堂がメイン会場というわけではありません。むしろ、民間の自主企画の中に個性的なものがあります。そして、プロのものもアマチュアのものも主催者の考え方次第で様々なものになります。実は、こうした中に古楽好きのアマチュアが参加している。古楽好きの店主がいる小さなライブハウスなど。

実は、北とぴあ国際音楽祭にも以前はアマチュアが「参加」していました。古楽系だけでなく、地元の合唱団なども参加していました。また、地元の方が参加できるバロックダンスの体験コーナーとかもありました。つまり、聴くだけでなく、自ら演奏する場でもあったのです。しかし、今ではオーディションのようなものがあって、アマチュアが参加する余地はないように思えます。アマチュアは聞くだけの音楽祭になってしまい、内心さびしい限り。

もちろん、聴く立場からすれば、よりレベルの高い演奏やお金をかけなければならないような演奏が聴けるのはとてもうれしい限りです。しかし、一方で、演奏する喜びを体験するというのもとても大事なことですし、自ら演奏する音楽愛好家が音楽界全体を支える大きな力になるという面も無きにしも非ずです。街ぐるみで音楽祭を支えるというのは、自治体が税金を投入すると言うことだけではなく、地元民が企画したり聴くだけでなく、演奏にも参加する、そしてそういう人たちが地元や外の人を呼ぶ。そういう好循環がうまくいった状態ではないか。

街の人々が自主企画して演奏に参加することができるような層の厚さがあるかどうか、ということは、音楽祭の時期だけでなく、普段からの活動が重要だと思います。阿佐ヶ谷ジャズストリートなどは、成功した例ではないかと思います。

もちろん、復活した北とぴあ国際音楽祭の企画はすばらしいと思いますし、私も毎年楽しみにしています。でも、参加する楽しみが失われてしまったのはさびしいです。ただ聴きに行くだけだと、普通の演奏会となんら変わらない。でも、自ら参加するといかにもお祭りに参加したという気になります。普通のお祭りでも、おみこしを担ぐのと単に見物するのとでは「参加」したという気持ちが全然違うはずですが、それと同じようなものです。

この二つの音楽祭のいいところを合体させたら理想的なものになるのにな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

大入り御礼

昨日は、AHの出演するコンサートが浜離宮朝日ホールで行われました。おかげさまで、古楽系コンサートとしては、OLCに次ぐ500名近い入りとなりました。わざわざ足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

ほとんどアマチュアだけのコンサートであれだけの楽器をそろえられたというのは、20年前を考えれば驚きなのですが、そういう楽器を使っただけの音楽的な効果があったかどうかは皆様のご判断にお任せします。

楽器はそろったものの、奏法とか、改善すべき点はまだまだあります。例えば、シャルパンティエなどは、本来ヴェルサイユピッチで、フレンチボウやフレンチの管楽器を使い、フランスの奏法(ボウイングなど)で演奏すればもっと効果的だったと思いますが、そこまでは楽器をそろえられず、また、一つのコンサートの中でピッチをかえるというのも難しく、さらに、フランス特有の奏法に習熟していないために少々ニュアンスが違ってしまっても仕方がないということでフランス式ボウイングを断念したり、と、かなり妥協を繰り返した古楽器演奏となってしまいました。まるで30年前のプロの古楽器界のような感じです(さすがに30年前でもプロはボウイングの妥協はしませんでしたが)。

それでも、やはりバロックは楽しい。まず、弾くことに苦労しなくてもいい。表現することまで気が回る。そして対位法はどのパートにいても共通の楽しみを味あわせてくれる。そしてなにより、古楽器でなければできない表現を要求していることがうれしい。古楽器でなければ出せない響き、ニュアンス。これが古典派だと弾くのが大変だし、内声部はただリズムを刻んでいることが多いし、別にモダンでもいいじゃん、ということにもなりやすい(本当はそうではないのかもしれませんが、モダンの演奏が伝統となってしまっているので、別に楽器にこだわらなくても・・・ということになりやすい)。

もっと、バッハやヘンデル、リュリやラモーをやってみたい。いいフレンチボウ(もちろんピリオドボウとしての)があれば手に入れたい。

次は、11月のカメラータ・ムジカーレでのデビュー戦。鬼門のチマローザに気が重くなりますががんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)