2012/09/17

BCJカンタータ99

今日は、東京オペラシティにBCJ第99回定期演奏会。もちろん、バッハのカンタータ。

前半は197+197a。たぶん、最初は197aはやるつもりなかったのではと推察されるのですが、せっかくレコーディングするのだからぜひ本番でも、ということになったのでは。コンサートの終了時刻も、通常なら17:00ころなのが15分ほどオーバーでした。

それはともかく、2月以来久々の教会カンタータ。やっぱりいいなぁ~。暖かい古楽器の音色。繊細な表現。これがまさに日本のバッハ。特にチェロの通奏低音とフルートが何とも言えない。

残念ながら、この響きをヨーロッパ遠征では聞かせることができなかった。というのも、遠征メンバーを見ると、オケの主力メンバーが参加しておらず、いわば現地調達組(とはいっても日本人が多いのですが)で占められていたこと。とりわけ、BCJのオケの命ともいうべき鈴木秀美さんの不参加というのは、個人的にはとても残念。やはりこの通奏低音あってのBCJ。色々大人の事情はあるのでしょうけど、ファンとしてはぜひヨーロッパの人たちに聞いてほしかったです。一方で、寺神戸さんを中心としたヨーロッパ遠征メンバーの演奏を国内で聞けないというのもこれも残念。オケに関して言えば、BCJと名のつく団体が実際には二つあるようなもので、しかもその性格はずいぶん違うのでしょう。時々、ツアーの様子がYouTubeとかで見られるので、それをみるとなんとなくわかります。

いよいよカンタータ全曲演奏会もあと1回。アーノンクール、レオンハルトのカンタータ大全集が終わりを迎えてから約25年。再びあの時と同じ想いがめぐります。今日の解説を読むと、鈴木雅明さんがカンタータをやるきっかけになったのも、このTeldecの全集だそうです。まさか日本で古楽器によるバッハのカンタータ全曲演奏会が聞けるとは思ってもいませんでしたし、もう一組全集を買うことになるとは思ってもいませんでした。最終回は2月24日(東京)、定期演奏会第100回でもあります。心してその日を待とうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/22

BCJ結婚カンタータ(7/20)

まもなく教会カンタータ全曲シリーズが完了する(東京では何と100回定期で完了!)ということかどうかわかりませんが、ここのところ、世俗カンタータをよく演奏しているBCJ。今回は、結婚カンタータシリーズということで、結婚式にちなんだ曲ばかり集めました。BWV173a、202,36c。そして断片しか残っていないクォドリベット BWV 524。173aと36cはその番号からもわかるとおり、教会カンタータの原曲です(173番はカンタータ全集20巻、36番は47巻に収録)。

歌手は、前回の狩のカンタータと同じ組み合わせ。ジョアン・ラン(ソプラノ) 青木洋也(アルト)、櫻田 亮(テノール) ロデリック・ウィリアムズ(バス)。実に陽気な人達です。客席にいても舞台裏で盛り上がっているのが聞こえてきます。その性格がよく現れていたのがクォドリベット。バッハの真作かどうかはともかく、とにかくおかしな曲をおかしく演奏し、おかしく演技していました。

さて、そんな彼女ですが、BWV202となるととても上品な新婦になってしまうのです!教会カンタータシリーズのハナ・ブラシコヴァが可憐な花ならば、ジョアン・ランはどんな花にたとえたらよいでしょう?バラとも違いますし・・。大人の歌ですね。

BWV173aは、ソロの声部が一部変わっている他は、レチタティーヴォを含めてほとんど教会カンタータと一緒。歌詞もところどころ一緒。これでよく注文主から文句いわれなかったな、、、と思ってしまいます。

BWV36cも似たり寄ったり。ただ、「愛のヴィオール」ヴィオラ・ダ・モーレ、オーボエ・ダ・モーレが使われているところなんぞは、いかにも結婚式。さらに、カンタータではチェロのオブリガートだったのが、何とファゴットとチェロがユニゾンでやっている。これはとても珍しい!この曲は、一度教会カンタータに使われたあとで、再び別の機会の世俗カンタータになったという珍しいパターン。世俗→教会への転用はあっても教会→世俗はないなどと説明されることもありますが、この曲に関しては教会カンタータに使われたあとに世俗カンタータになっている。教会カンタータにする時にあまり手を入れていないというのもあるかもしれませんが、教会カンタータに使ったものを世俗カンタータにはしないというのは主義というより、機会があるかないかの問題なのではと思ってしまいます。

それにしても、世俗カンタータでも実に格調高い演奏でした。世俗と教会で解釈や演奏法を使い分けるべきなのかどうかはわかりませんが、36cは演奏自体も教会カンタータの雰囲気のように感じました。しかし、ここ数年で、オケのサウンド、響きの充実度、落ち着き度、そして表現力が急激に増してきたような気がするのですが、気のせいでしょうか?実に堂々としたものです。100回以降は、以前取り上げたカンタータを再び取り上げると思いますが、おそろく全曲演奏会で取り上げた時とは全く違うものになっていくんだろうな、という期待感があります。やはり20年以上の年月は重い!CDにもなっているマタイで少年少女合唱団で歌っていた少女が、いまや「ブラタモリアナ」「夜7時ニュースの顔」になっている。これは大変なこと。

さて、実は、再び悪癖がでまして、鈴木秀美さんの通奏低音ばかり聴いている時間も結構長かった。久々に通奏低音を堪能させてもらいました。

次は9月。あと2回です。20年以上の思い出をかみしめながら、前向きに聞きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

OLCのメンデルスゾーン

オーケストラ・リベラ・クラシカが、ベートーヴェン「英雄」からいきなりメンデルスゾーンまで飛んでしまった。1820年ころ、12~13才位の時期の作品である、弦楽シンフォニアの中から6曲が演奏された。1820年ころといえば、ベートーヴェンの交響曲第8番が作曲されてからすでに6年ほどたっている。そのくらい「新しい」曲。今年は、BCJもメンデルスゾーンを演奏するらしいし、どんどん18世紀から離れていく寂しさを感じているが、実際にこの曲を聴いていると、そんな寂しさは遠くに吹き飛んでしまう。

たった12年の人生で、18世紀のすべての様式を身につけてしまい、それを19世紀の新しい感覚で再構成したような作品、としかいいようがない。バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、さらにフランスの作曲家たち、そして19世紀の扉を開いたベートーヴェン・・・。と、いろいろな作曲家の様式や音が聞こえてくる。なかでも、C.Ph.E.Bachの影響は非常に大きい。C.Ph.E.Bachは「大バッハの息子」扱いをされることが多いが、古典派からメンデルスゾーンの時代の作曲家にとっては、父に引けを取らないかそれ以上の影響を与えた重要な存在であるということを改めて認識させられた。驚いたのは、なんと100年以上前に流行ったフランス序曲の様式まで取り入れていること。CDもない時代、実際にはもう演奏されなくなったであろうそんな昔の様式をどうやって身に着けたのか実に不思議である。実際の演奏を聴くことではなく、楽譜から身につけたのであろうか???

そんなこの曲集を演奏するためには、演奏家の側にも18世紀の様式についての理解が必要になるであろうことは疑う余地がない(といいきってもよい)。この日の演奏を聴いていると、さまざまな様式、そして先人たちの有名な作品が聞こえてくる。しかし、仕上げが違う。

古楽器の弦楽器の響きの美しさというのは当然あるのであるが、それだけではなく、18世紀の音楽の持つ「よい趣味」があり、単なる美しさを超えて、そこに人間ドラマがあったり、と盛りだくさんなのである。ロマン派的な美しさだけでは到底説明できない価値がそこにはあるのである。不協和音の醜さ、ガット弦の雑音、そんなものもすべて音楽なのである。

対位法の処理もさすがである。単なる4つの旋律線ではなく、4つの線が作り出す「響き」を聞かせてくれるのがうれしい。

とにかく、18世紀族にとっては楽しめる作品群であり、OLCの良さが存分に生かされるプログラムなのである。

そういえば、久々に森田芳子さんヴィオラの音を聞いたが、海外に演奏拠点を移す前とはかなり感じが変わったような気がして、とても印象深かった。きっと素晴らしい音楽活動をしていらっしゃるのだろう。

楽しい演奏会だった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

ヨハネに悩める3~第1曲(1)

第1曲だけあって、この曲の解説は数多いですし、多くの方がそれぞれのお立場から様々なことを語っています。ヨハネ福音書の冒頭「初めにことばがあった」や創世記の天地創造との関連性、三位一体・・・。しかし、正直その大部分は私には難しすぎてピンとこない。解説から演奏のイメージがさっぱりわいてこないのです。

そんな時、ルターの「ヨハネ福音書第1章の説教」を読んで、ある意味でホッとしました。

三位一体の唯一の神について述べるくだりで

「このことは信じなければならない。理性がどんなに賢く明敏であっても、理性をもってしては、だれも(このことを)理解したり、把握したりはできない」

また「初めにことばがあった」について

「この世の創造の前に、神の中にことばがあり、そしてそのことばが神であるということを、人間の理性や知力で推し測り、掴もうとしても無駄である。なぜなら、それは理性から由来することではないからである。」

「信じようとしない人、あるいは自分の五感や理性で探り出そうとして、信じる前にまず理解しようとする人は、常にやり損なう。」

(いずれもルター著作集第2集第6巻(Lithon)より)

理解できなくても落ち込む必要はないんだ。それよりもっと大切なことがあるんだ、と・・・。

このことをバッハの音楽に当てはめてみるとどうなるのでしょう?人間の理性や知力で理解しえないものを、音楽の力で伝えようというようなことはなかったのでしょうか?バッハの音楽は知的であり、当時の神学、数学、哲学などを総合した芸術という見方もありますが、一方、理性でこれらを分析して理解するだけでは、それがどんなに精緻なものであったとしても、バッハの音楽をとらえきれない、むしろ大きな過ちを犯すことにならないのでしょうか?

とりわけクリスチャンでない日本人がバッハを演奏する際に「信仰は必要か否か」といった議論がなされるケースが少なくありませんが、勉強熱心ではあるものの、信仰なくしてバッハの作曲技法や歌詞の解釈にばかり目を奪われてしまうとき、果たしてルターが述べているようなことに陥りはしないのでしょうか?

その点、鈴木雅明さんの態度は明確です。「バッハからの贈り物」P.397以下をお読みになられた方ならばおわかりいただけると思います。

ホッとするのもつかの間。このことを真面目に突き詰めると、そもそも自分にバッハの受難曲を演奏する資格があるのか、という根本的な問いに至ってしまうわけで、この一連のブログも「語る資格なし」なのですが、こうした悩みを抱えていると、まず第一曲で大いに躓くわけです。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/27

ブリュッヘンのロ短調ミサ(2)

正直言って、感想を書くべきか迷ってしまう。という感じの演奏でした。

また、この演奏は、ブリュッヘンの意図をどの程度反映しているのかということに関しても、安易に結論を出すべきではない様な気がします。果たして、この演奏をもって、ブリュッヘンのバッハを評価してよいものなのか。オケしかり、合唱しかり。

表面的なことでの疑問は、なぜ、Ossanaで二重合唱の配置に変えず、そのままだったのか。

確かに、数年前と比べれば、いわゆる「ピリオド奏法」のレベルは、弦楽器を中心に格段に上がった。なんとなく古楽器っぽくて、ノンヴィブラートで・・・。でも、個々の演奏家の意思、意図が耳からも目からもいまいち伝わってこない。もっと言えば、普段古楽器オケに参加しているようなおなじみの人たちすら、いつもに比べるのびのび感と言おうか、いまいち覇気が感じられない。アグレッシブさが見られない。何か、殻に閉じこもってしまったような、鎖でつながれてしまっているような・・・。なにかもっと雄弁に語ってほしいといおうか・・・。オーボエの庄司さんはあの中では明らかに雄弁に語っていましたが、それと比較すると、言わんとしていることが何となくわかってもらえるかもしれません。

それと、モダン楽器のくすんだ音は、複雑な対位法の細かい音には不向きではないか。倍音が少ないために、各声部の動きが聞き取れないのです。フルートは、音が飛んできません。トランペットもしかり。ピッコロトランペットというのを使っていて、高い音は出るのですが、バロックトランペットのような輝かしい響きというのはない。しかも、終始下向いて吹いているし。神の楽器、王の楽器なのですから、ファンファーレを吹くように吹いてほしかったです。

合唱については、論評を控えます。がんばりは大いに認めますが。

ということで、あまり肯定的な感想ではないので、このあたりでやめておきます。

18世紀オケによる新録音CDを聞いてから、また振り返ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリュッヘンのロ短調ミサ

今晩は、ブリュッヘン指揮新日本フィルのロ短調ミサ。

木管楽器に期待しないみたいなことを言ってしまいましたが、そのせいかどうかはともかく、なんと客演でオーボエの秘密兵器を出してきました。庄司知史さん。知っている人は知っている名手。

http://www.face-music.co.jp/3_player/shoji.htm

おかげでファゴットと合わせて二枚舌グループは超強力に!オーボエソロ曲は注目です!

詳しい演奏の模様は、明日の演奏会が終わってからにします。

ところで、ロ短調ミサ曲は、新バッハ全集でももっとも初期に編纂されたもので、当時としてはかなり斬新なアイデアが盛り込まれていましたが、その後の研究によって、今となってはどうかな・・・という感がありました。そこで、最近、いわゆるリバイス版というのが登場しています。最新の研究成果を踏まえたもので、すでにミニチュアスコアも発売されています。

https://www.baerenreiter.com/html/nba_rev/en/index.htm

自筆総譜にあとで息子のC.PH.E.Bachが書き込んだものを明確に区別し、他の資料も踏まえたものです。

今回は、この校訂譜をそのまま使ったものではなさそうです。面白かったのは、Gloriaの最後のバスのアリア「Quoniam」のホルンにいわゆるモダンの「ディスカント ホルン」、要はトランペットと同じ音域のホルンを使っていた点です。リバイス版では「Corno da Caccia in D Basso(Bassoは斜字)」になっていますが、ブリュッヘンはBassoとは考えなかったのでしょうか。またDomine Deusの16分音符がいわゆるロンバリディアリズムになっていたのも変わっています。リバイス版の脚注を見ると、1733年版にはそうなっているようです。BCJのプログラムならこのあたりはビシッと解説してくれるのでしょうけど、新日本フィルではそこまでなかったのが少々残念。

(ここから加筆です)

ブリュッヘンの旧盤を見ていたら、クリストフ・ヴォルフが使用楽譜について解説していました。ということは、旧盤はPetersから出ているヴォルフ校訂版を使ったということか。今回はどうなのでしょう?ちなみに、新バッハ全集Revised EditionはUwe Wolfという人が校訂していますが、クリストフ・ヴォルフとも色々ディスカッションしたと書いてありました。

とりあえず今日はここまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/31

Harnoncourtの天地創造

台風の中のHarnoncourtのHaydn「天地創造」。お客さんはかなり少なめ。台風のせいというより元々売れていなかったのでは・・・。やはり、ハイドンは人気がない。Handelの「メサイア」に勝るとも劣らない名曲なのに。

しかし、演奏は最高!正直言って、ソリストはロ短調ミサの時より100倍位いい。バッハの時は、もたつきが見られたソプラノも、何を歌っているかよくわからなかったテノールも、表情豊かで実にすばらしい!バスもバッハもそこそこいいと思ったが、ハイドンのほうがはるかによい。まさに超一流の歌いっぷりだ。オケも、モザイク系のよさが存分に出ていて、最後まで緊張感も途切れないし。管楽器もいいし。モザイク系が加わって古典派に進出したCMWだけに、古典派をやると本当にいい仕事をする。合唱も出番は決して多くはないけど、フーガ合唱などはすばらしい。大人数だけに、バッハでは少々大味ではないかと思われることもあったが、ハイドンでは実に緻密な合唱を聞かせてくれた。やはり、今回の来日メンバー、また昨今のCMWは、バッハよりハイドンのほうがはるかにふさわしいように思えた。まったく脱帽するしかない。 Harnoncourtもノリノリ。御年80歳とは思えない若々しく躍動感あふれる指揮。しかも円熟の極致。衰えが見えるなんていう人もいえるけど、この演奏を聴く限りまだまだ元気で進化し続けている様にも思える。

Harnoncourtの天地創造は比較的最近録音されたCDを聴いたが、やはり生の方がよさがわかる。ピアニッシモの響きなどは、録音ではストレートに録れすぎていて、響きとして聞こえないのでその真価はわからないと改めて思った。

あとは、Mozartの交響曲。声楽曲とは全く違う顔を見せてくれるかもしれず、楽しみである。まだチケットありそうなので、もし時間のある方は是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/25

OLCのベト2

今日からアーノンクールシリーズだが、NHKホールはパスしてサントリーホールで。

ということで、OLCのHaydn&Beethovenを聴きにいく。

会場は東京文化会館小ホール。こんな狭いところでベト2を聴くなんて想像していなかった。でも、音圧はあるし、こういう空間で聞くのも室内楽的な雰囲気があってなかなかいい。

最初は、HaydnのVn協奏曲。おはずかしながら聴いたことがない。解説によると大人が弾くことがほとんどない練習曲程度の扱いしか受けていない作品だそうだが、音楽的には子供に弾けるような曲ではなさそう。ソロは佐藤俊介さんという若手。これもおはずかしながら今まで知らず。でも、すごくいい。音はきれいだし、表現力はあるし、パワーと切れがあるし、カンタービレは心にしみいるし・・・。

第2曲目はHaydnのオクスフォード交響曲。後期のHaydnらしい円熟した作風。

後半はベト2。この編成でよくステージにおさまるな。。というくらいぎりぎり。

Haydn存命中の1800年前後の作品だというのに、このエネルギッシュで激しい音楽はなんだ!異様なまでのテンションの高さ!こうなってくると、佐藤俊介さんが1st Vnに入っていることが大きくきいてくる。周りの人は比較的大人しめに見えるせいか、佐藤さんの激しさがより一層目立ちます。

これはまったく個人的な偏見なのかもしれませんが、うまい男性が一人でも入るだけでオーケストラがずいぶん変わるし、ベートーヴェン以降であればなおさら男性にVnに加わってもらいたい。

管楽器もCLのコッポラさんだとかTrpのグレアム・ニコルソンさんとか名手が加わって超強力。何度聞いてもそう思うのだが、管楽器の表現力、アンサンブルは、普通のモダンオケの比ではない。

一昔前なら、古楽器でベートーヴェンというと、半分くらいはモダン楽器の人が見よう見真似でやっているか、とても心配になるような感じだったが、今や、何も気にせず、自然に聴くことができる。

次は再びエロイカを取り上げるのだろうか・・・。

こういうベートーヴェンを自分でも演奏してみたいとは思うが、逆にとてもじゃないけど出来そうもなくて、逆に慎重になってしまうといおうか腰が引けてしまう。やはり、ベートーヴェンにはそれ相応の覚悟が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

9/28鈴木秀美のガット・サロン(コレッリ)感想編

聞いてきました。

なんだかとても楽しそう。お互い大笑いを必死にこらえて演奏しているみたい。たぶんCDのレコーディングは大笑いしながらだったんだろうな。

フラット用のミーントーンでシャープ系の和音を弾いていかにも気持ち悪そうにしたり、準備に時間がかかっていると、駅の発車音を弾いたり・・・。

曲の間では、お互い冗句を連発。演奏中はただ一度限りの超即興装飾にお互い興味津々。

そうはいいながらももちろんしっかりとした演奏でしたが、とにかく雰囲気がいい。

ヴァイオリンではこういうわけにはいかない。リコーダーならでは。。。

ラウリンの演奏は、ブリュッヘンのようにヴァイオリンのイメージをリコーダーに移すというよりは、もっと自由。重音で書かれているところなどもヴァイオリンを意識せず、リコーダーらしくアレンジ。

チェロはこれまた超絶技巧に見えるようなすさまじい演奏。予想通りラ・フォリアも驚愕!

チェンバロ、オルガンも負けず劣らず。

とにかく、楽しさいっぱいでした。CDが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/27

9/28鈴木秀美のガット・サロン(コレッリ)予告編

鈴木秀美のガット・サロン@Hakuju Hall vol.2

リコーダー/ダン・ラウリン、チェロ/鈴木秀美、チェンバロ/上尾直毅

曲目/ A. コレッリ ソナタop.5-4,5,7,8,9,10,12

2010/9/28(火)19:00開演

Hakujuホール(渋谷区)

http://www.hidemisuzuki.com/

前々から行きたいと思っていて、うっかりチケットを買い忘れるところ。

あわててユーラシックに電話をかけたら、ほとんど完売状態で、もうだめかと思って、秀美さんのホームページに行ったら、まだありました!ネット予約なのに席を選べるし・・・。さっそく予約入れました。

今回は、久々に来日のリコーダーのダン・ラウリンとのコレッリ。ラウリンといえば、鈴木兄弟とのヘンデルのCD、そしてBCJとのヴィヴァルディや初期バロックのCDでおなじみ。このなかでも、とりわけヘンデルはお気に入りの一枚。リコーダーソナタのCDなのに、通奏低音に大興奮。そして、そのヘンデルから想像するに、明日のコレッリも相当熱い演奏になるに違いない!と確信。特に、ラ・フォリアの秀美さんのチェロが聴きもの。それ以外の一見単純な通奏低音も。こういう曲でこそ鈴木秀美のすごさがもろに現れるのです。上尾さんのチェンバロというのも期待大です。雅明さんを別とすれば、いま最も雄弁な通奏低音といってもいいでしょう。

思えば、コレッリのソナタとの出会いは、Vnでの演奏ではなく、あのブリュッヘン、ビルスマ、レオンハルトによる伝説の演奏(当時はLP)。実質的にはブリュッヘンの最後の本格的なソロ録音になってしまったあの記念すべき名盤。ブリュッヘンのVnの重音奏法を模した「濃い」演奏も強烈でしたが、やはり、ビルスマがすごかった。

不思議なことに、Vnでの生演奏はほとんど聴くことがないのです。むしろ、ブリュッヘンが切り開いたリコーダーでの演奏の方が聞く機会が多い。

ブリュッヘンのは後半のいわゆる室内ソナタだけだったが、今回は、前半の教会ソナタもやります。これは、対位法で書かれた曲も多いので、果たしてリコーダーでどう料理するのかも楽しみです。

地味だけどこれほど面白いコンサートはない!というものになることは間違いありません。

明日が待ち遠しいです!

Hakujuホールでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧