« 29番で始まり29番で終り、1番で新たな旅立ち | トップページ | 年忘れブクステフーデ »

2009/12/06

BCJ「リナルド」でレイチェル大爆発!

今日は、東京オペラシティで、BCJのヘンデル「リナルド」を聴きました。今年の夏のイギリスツアーで演奏されたものを日本でも聴けたわけです。

主な歌手は、ソプラノの森麻季さん、おなじみのレイチェル・ニコルスさん、カウンターテナーはなんと若手を4人も。バスは萩原さん。

男性歌手はバスの萩原さんを除き全員カウンターテナーという、極めて珍しいパターン。普通は英雄役の一人程度なのに。

全部で3幕の長いオペラ。第1幕は正直冗長で、まったりした雰囲気がずっとただよっていたのですが、それを打ち破ったのが、打楽器の雷鳴と魔女役のレイチェルさんの強烈な声。そこから全体が一気にヒートアップ。第2幕では森麻季さんの有名なアリアでこの日初めて激しい拍手が。そのあとは物語りも演奏も緊張感を増して劇的に。演奏会スタイルなのに、レイチェルさんのあのからだをめい一杯生かしたちょっとした演技が迫真で、しかもコミカルな笑いをさそうという、まさに娯楽オペラならではの光景。第2幕が終わったところでまるで終幕のような万雷の拍手。お客さんも盛り上がってしまった。これでは第3幕はどうなってしまうのだろう。演奏会形式でこんなに盛り上がることがあるのでしょうか?

第3幕は、ものすごい速さでストーリーが展開。無理矢理結論にもっていているのではと思うような、かなり強引な展開。そんな中で、レイチェルさんと萩原さんのコンビが笑いと強烈な印象を残す。あくまでまじめなリナルドとアルミーダとは対照的で、超個性的。主役を食ってしまうのではないかという存在感。

オケも歌手もかなりノリノリ。ステージ上で笑顔が絶えない。ヘンデルは気持ちがいい。

レイチェル・ニコルスという歌手。最初は代役とか2番手とかいうイメージでしたが、この日も含め、もう立派な主戦級、BCJを代表するゲスト歌手。また新たな存在感と魅力を存分に印象付けた、そんな演奏会でした。長かったけど、楽しかったです。年末のメサイアが楽しみ。

|

« 29番で始まり29番で終り、1番で新たな旅立ち | トップページ | 年忘れブクステフーデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/46955296

この記事へのトラックバック一覧です: BCJ「リナルド」でレイチェル大爆発!:

« 29番で始まり29番で終り、1番で新たな旅立ち | トップページ | 年忘れブクステフーデ »