« ブリュッヘンのハイドン(2)~真打、豊嶋さん登場 | トップページ | インマゼールの「The Seven Last Words」 »

2009/03/01

ブリュッヘンのハイドン(3)~圧巻、104番。感動をありがとう!

今日は、ブリュッヘン&新日本フィルのハイドン、ロンドンセット最終日。102~104を演奏。

前回、豊嶋さんの登場でレベルが上がったということをいいましたが、この日はさらに数段レベルアップ。しかも、前回のようなアンサンブルの乱れもなく、かつ、全体がノリノリで活気にあふれた演奏でした。天地創造の頃とは見違えるほどです。ブリュッヘンに慣れて来たというのもあるのかもしれませんが、特にVnは豊嶋さんが手本を示してくれるので、どうしたらいいかわからないまま何となく縮こまってしまうということもなく、安心してのびのび演奏していたように思えます。やはり、ブリュッヘンの要求に応えようと思ったら、並みのコンマスではなかなか難しくて、豊嶋さんクラスでないと務まらないのかなと思ったりもしました。

とにかく、豊嶋さんの弾いている姿を見ているだけでもものすごく楽しめます。ハイドンの音楽にはこんなに色々な仕掛けが施されていたのか、というのがよくわかります。アーティキュレーションや表情の変化だけでなく、「常に何かがある」としか言いようがない。これこそ、真のピリオド奏法です。そして本当にすばらしいボウイング技術です。そして、楽譜を読み取る力のすばらしさ。「楽譜に書いてある通りに弾けばいい」と、まさにその通りのことを実践しているのですが、どうも他の人の10倍くらい色々なことを読み取っているようにも見えました。というより、きっと楽譜の見え方が他の人とは全然違って見えるのでしょうね。

さて、豊嶋さんのソロがないのかと思っていましたら、ちゃんとありました。しかも長めのが。103番の第2楽章。6連譜が続くのですが、これはすばらしい!この違い、わかりますか?

そして、ティンパニの近藤さんも「太鼓連打」のみならず、キレと表情があってとてもすばらしかった。まさに「名演」です。

チェロはいつもの通り安定してすばらしい。

実は隠れて気に入っているのが、コントラバスの森園康一さん。一般団員ですが、この人、ハイドンの面白さをとてもよくわかっていらっしゃるのではないかと思わざるを得ない。一人だけ弾き方が全然違う。ノリもそうですが、アーティキュレーションとビートの感じがとてもGood!なのです。

さて、個人崇拝はこのくらいにしておいて、ブリュッヘンの音楽ですが、改めて思ったのは、ピアニッシモを実に巧みに使っているなということ。これは古楽器の特徴を生かしたスタイルなのですが、モダン楽器でも十分通用することが実証されたといえるでしょう。豊嶋さんなんか、ピアニッシモの時は、弓を1cmも動かしていない。ちょっと弦に触れる程度というくらい極端にやっていましたが、他の方はさすがにそこまでは・・・。でも、それくらいやると効果抜群です。それと、細かい音符はあまり怒鳴らず軽く弾かせて、むしろ細かいアーティキュレーションを明晰にする方に主眼が置かれていたような気がします。これがまた微妙なニュアンスを生み出すのですね。でも、どうしてもシャカリキに弾きたくなってしまい、かえって単調になりがちなのですが、そういうことは全くなかったです。すばらしい!

あと、例によって第1楽章の早い部分をあまり警戒に飛ばしすぎない、テーマをじっくり聞かせるというスタンスなのでしょうか。とてもよく表情がでていました。

この日の圧巻はやはり104番でしょう。これははっきりいって興奮しました。堂々としていて、しかも重くならず、キレがいいしノリもいい。そして味わいがある。ハイドンの面白さを余すことなく聞かせてくれました。もう、文句のつけようがありません。

と、いいたいところですが、ちょっと残念だったのが、フォルテのところで木管楽器のハーモニーがよく聞こえなかったこと。そして、「お約束」ともいえるトランペットやホルンが炸裂する場面がなかったこと。音が柔らかまろやかすぎて、肝心のところで音が溶け込んでしまって抜けて聞こえてこないんです。楽器がそういう楽器を使っていたので仕方がないのですが、ブリュッヘンがあういう響きを求めたのでしょうか?できればナチュラルトランペット&ホルンを使ってほしかったです。ティンパニもバロックタイプのものを木の撥でたたいていますし。またか、といわれてしまいそうですが、やはり、18世紀オケのうるさい管楽器が好き。もちろんうるさいだけでなく、完璧なハーモニーを奏でてくれるのですが。

そんなことはありましたが、全体としては大満足、最後を飾るにふさわしい演奏でした。ブリュッヘンに心から感謝したいと思います。

配られたチラシによると、次回も新日本フィルを振りにくる予定がるそうです。ということは、やはり18世紀オケは二度と来日しないということ。そうなってしまった以上、次回までにオケの後ろのほうで弾いている方も、豊嶋さんのように弾けるようになってくれるととてもうれしいです。また、管楽器のハーモニーが聞こえるようになるとうれしいです。そして、ナチュラルトランペットとナチュラルホルンが吹けるようになっててくれるととてもうれしいです。

感動をありがとう!

|

« ブリュッヘンのハイドン(2)~真打、豊嶋さん登場 | トップページ | インマゼールの「The Seven Last Words」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/44206027

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘンのハイドン(3)~圧巻、104番。感動をありがとう!:

« ブリュッヘンのハイドン(2)~真打、豊嶋さん登場 | トップページ | インマゼールの「The Seven Last Words」 »