« La Petite Bande存亡の危機。署名活動中 | トップページ | Rachelは少年だった?BCJカンタータ42巻 »

2009/02/11

ブリュッヘンのハイドン(1)

(天地創造の感想を期待されてこちらにいらっしゃった皆さん。ごめんなさい。聴きには行ったのですけど、感想を書く気になれません。シンフォニーだけでご容赦ください)

美しい、あまりに美しい。気品に満ち溢れている。宮廷の香りだ。無駄なものは全くない。

フランス・ブリュッヘン指揮新日本フィルによるハイドン「ロンドン交響曲シリーズ」第1日は、96,95,93番という比較的渋いプログラム。しかし、実は私はこの3曲が一番好きだ。私にとっては、「三大交響曲」と言えば、この3曲といってもよいくらい。以前、KCOというアマオケに参加してこの曲を演奏できたことは幸運というより他にない。

さて、これらのシンフォニーは、シンフォニーでありながら、室内楽的な側面も見せる。ソリストたちの力量と息のあったアンサンブルが楽しめる。95番はチェロが中心。93番はヴァイオリンが中心。ソロといっても技巧をひけらかすのでは決してない。あくまで室内楽的なのだ。貴族や市民たちの語らいなのだ。この点で、この日のチェロ、花崎薫さんは、最高級の演奏を聞かせてくれた。

管楽器、特に木管楽器は、以前のブリュッヘンのときとメンバーが変わったのだろうか。吹き方、歌い方が全然違う。とてもブリュッヘンの音楽にフィットしていた。いいアンサンブルをしていた。18世紀オケのうるさいフルートやオーボエ(それはそれでとても魅力的なのであるが)に慣れているととても控えめで上品に聞こえる。ホルン、トランペットはとてもやわらかい音色。古楽器オケで聴かれるような「炸裂」とは対極。

弦楽器もなんら違和感なく、ブリュッヘンの要求に忠実に丁寧に応えていた。高音のノンヴィブラートがきれいだ。

ブリュッヘンの音楽は決して目先の過激さや効果を狙ったものではない。一つ一つの音を丁寧につむいでいき、透明感のあるサウンドを織りなしている。響きを大事にする。細かいところまで神経が行き届いている。ハイドンのわずかな工夫、遊びも決して見逃さない。

この日の演奏でとりわけ印象的だったのが、95番と93番の第1楽章のゆったりとしたテンポ。この表情、響きは、ブリュッヘンでしか出せない。言葉では表現できない。

そして、終楽章などで時々見られる対位法的な部分の表現。さすが、バロックから下ってきただけのことはある。

最初に一番好きな曲を最高の演奏で聞いてしまったので、これからの3日間が少々心配だ。杞憂に終わるとは思いながらも。

さて、会場で若松夏美さんと鈴木秀美さんをお見かけした。二人とも18世紀オケでブリュッヘンのもとでロンドンシンフォニーのレコーディングに参加している。20年ほど前のことだ。この日の演奏にどんな感想をお持ちだったのだろうか。

美しい、美しすぎる。それだけでも大満足だ。でもハイドンの音楽はそれだけではないはずだ。隠し味といおうか、ピリッとしたものといおうか、様々な「仕掛け」が気づかれないように・・・・。聞こえないところにこそハイドンとブリュッヘンの本領が発揮されているような気がする。そんな隠し味を次は探し当ててみよう。

|

« La Petite Bande存亡の危機。署名活動中 | トップページ | Rachelは少年だった?BCJカンタータ42巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/44032610

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘンのハイドン(1):

« La Petite Bande存亡の危機。署名活動中 | トップページ | Rachelは少年だった?BCJカンタータ42巻 »