« カメラータ・ムジカーレ クリスマスコンサート | トップページ | 嗚呼、私のフレスコバルディはどこへいった・・・ »

2009/01/31

鈴木美登里&秀美のフレスコバルディ(2/6)

なんと今年最初の更新。サボっていて申し訳ありません。いまさらなので、新年のご挨拶も省略。

それはともかく、2/6(金)に、鈴木美登里&秀美夫妻と仲間たちによるコンサートが極秘に開催されます。

「フレスコバルディの夕べ」

17世紀初期イタリアに生きた、最も洗練された作曲家、
新時代への扉を開いた革新者、ジローラモ・フレスコバルディの世界

2009年2月6日(金) 19:00開演(18:30開場)

日本福音ルーテル東京教会(JR新大久保駅徒歩5分)
http://www.jelc-tokyo.org/

【出演】

ソプラノ:鈴木美登里
オルガン、チェンバロ:上尾直毅
チェロ:鈴木秀美

全席自由 前売り 3,500円、当日 4,000円

お問い合わせ・チケット 沢井事務所
tel 042-394-9199、fax 042-394-9040

曲目 フレスコバルディのアリア、カンツォン、パルティータなど

詳しくは
http://www.hidemisuzuki.com/

ということは、極秘でもないのですが、あまり知られていないということで、事実上「隠れ家」的コンサートになってしまいそうです。

それはともかく、私は昨年8月に杉並公会堂でこのコンサートの「予告編」ともいうべきコンサートを聴くことができました。

そのときの様子は
http://bcj.way-nifty.com/kogaku/2008/08/post_006f.html

これは、今我が国で聞けるフレスコバルディの中でも最上級の演奏になることは間違いありません。美登里さんの歌はもちろん、秀美さんのカンツォン(チェロのレパートリーで一番古い部類。本当にチェロのための曲なのかどうかは、楽器の生成史から考えると疑問はありますが)もどこまで雄弁で艶っぽくなるのか、上尾さんのイタリアンチェンバロはどこまで面白く激しくなるのか、など、すべての曲のすべてのパートが聞き所満載です。

もうこれ以上、余計なことをいうのはやめましょう。

とにかく、まだチケットあるそうなので、是非!

|

« カメラータ・ムジカーレ クリスマスコンサート | トップページ | 嗚呼、私のフレスコバルディはどこへいった・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/43916977

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木美登里&秀美のフレスコバルディ(2/6):

« カメラータ・ムジカーレ クリスマスコンサート | トップページ | 嗚呼、私のフレスコバルディはどこへいった・・・ »