« ラ・フォンテヴェルデのクリスマス | トップページ | BCJメサイア2007 »

2007/12/15

シャルパンティエのクリスマス

「鈴木美登里祭」第2弾、コントラポントによる「シャルパンティエのクリスマス」に行ってきました。地元杉並公会堂大ホールでの初古楽。

Img_4306a 

シャルパンティエの「真夜中のミサ」他、クリスマスにちなんだ曲ばかり集めたコンサート。コントラポントのメンバーの多くは、日ごろ私の所属団体でお世話になっている方々中心。また、1人を除き第1弾ラ・フォンテヴェルデメンバーがそのまま参加しています。

Img_4336a

シャルパンティエといえば、今年の9月にこのメンバーのうちの何人かにソロを担当してもらい演奏しましたが、この日の曲目はそのときと違って小編成でほんわかムードの曲が多かったです。

前半は、ほんわかしすぎて、気持ちのいい眠りの世界に入ってしまいましたが、後半は思わず聞き入ってしまいました。

さて、この日の美登里さんですが、第2ソプラノということで、ソロとしてよりはむしろアンサンブルにおけるハーモニーの要になっているような気がしました。もちろん、ソロも深みのある暖かい声でよかったのですが。ソロも出来るし、アンサンブルプレーヤーとしてもいい味出しています。

小野萬里さんのヴァイオリンも相変わらずいいですね。以前から、初期イタリアとかドイツもののイメージが強かったのですが、フランスものもなかなかです。

このコントラポントの華といえば、ソプラノの花井尚美さん。実はこの人の歌を聞くのは初めてですが、なかなかチャーミングでいい歌手ですね。声も若々しい。味わいというよりは新鮮さを感じます。

このほかに「カペラ」というもう少し古い音楽を演奏する団体もありますが、こちらにも少々興味がわいてきました。私の中心ジャンルからは若干外れるので、そんなに頻繁にということではないと思いますが、機会があれば聞いてみたいと思います。

これで鈴木美登里祭も終り、あとは24日のメサイアのみ。果たしてどんな締めくくりになるか。

次の杉並公会堂は、1月のバロックダンスです。

Img_4353a

美登里さんによれば、とても歌いやすかったようです。

|

« ラ・フォンテヴェルデのクリスマス | トップページ | BCJメサイア2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/17377438

この記事へのトラックバック一覧です: シャルパンティエのクリスマス:

« ラ・フォンテヴェルデのクリスマス | トップページ | BCJメサイア2007 »