« Bach Magnificatに思ふ(3) | トップページ | マエストロウケまくり~BCJ78回定期 »

2007/09/10

BCJロ短調ミサ試聴記

今週末はBCJ定期。今回はソプラノとバスのソロカンタータシリーズ。82番のソプラノ版という珍しいバージョンが聴ける。

さて、今度の演奏会のことを調べにBCJ HPに行ったら、秋にはロ短調ミサのCDが発売になるということで、BISの試聴コーナーが紹介されていました。

http://www.bis.se/bis_pages/bis_news_bach_b-minor-mass.php

3曲がMpeg形式でダウンロードできます。

そして粋なはからいといおうか、ロ短調ミサの原曲となっているカンタータも試聴できます。

No.9 Coro – Qui tollis=Cantata BWV 46, ’Schauet doch und Sehet’,

No.17 Coro – Crucifixus=Cantata BWV 12, ’Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen’

No.26 Aria (Alto) – Agnus Dei=Ascension Oratorio, BWV 11,

こうして並べてみると、Bachの円熟とともにBCJの成長も楽しめます。

Mpegですから、CDやSACDのような音質は望めませんが、音楽的には十分楽しめます。Qui tollisのフルートの音色が実にいいです。

待ちきれない方は是非どうぞ。

では16日にお会いしましょう。

|

« Bach Magnificatに思ふ(3) | トップページ | マエストロウケまくり~BCJ78回定期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/16408895

この記事へのトラックバック一覧です: BCJロ短調ミサ試聴記:

« Bach Magnificatに思ふ(3) | トップページ | マエストロウケまくり~BCJ78回定期 »