« トランペットのこだわり | トップページ | BCJロ短調(10/6川崎)&CD(1) »

2007/09/30

ナゾのb vocal

b vocal

このスペインのアカペラアンサンブルの名前をご存知の方は相当のスペイン通。そして古楽通。

http://www.bvocal.org/

いま、突然来日して、各地でコンサートやライブをやっています。男声5人。

本格的なグレゴリオ聖歌から中世ルネサンスの声楽曲、そしてクラシックの名曲やポピュラーまで、楽しいステージを繰り広げています。

今日は、三鷹でのコンサート。まずはまじめな中世ルネサンス曲からでしたが、最初の一声でまるでヨーロッパの教会にいるような錯覚。まさに「教会の声」がしました。これは相当の実力派だなと思いました。さすがに欧州の声楽コンクールで優勝しただけのことはあります。ルネサンスの声楽曲というと、バロックの器楽入り声楽曲と違ってどうも物静かでやっていることは複雑だけどときに退屈してしまうことがあるので、ちょっと苦手なんですが、表現が濃いのであきないですね。カウンターテナーの声も美しい。これだけでも十分すばらしいのですが、AHにとっては、彼らのオリジナルアレンジによるコミカルな演奏に笑い転げました。動物の鳴き声や楽器の音を模写して(これってバロック時代にもよく行われていたことですが)、それにコミカルな演技も加わって、爆笑。さらに、進行役でアコーディオンも弾くNHKスペイン語会話のミゲルアンヘル・イバニェスさんのユーモラスなトークも加わって、本当に楽しめるコンサートでした。ミゲルアンヘルさんとb vocalはもともとお友達のようですね。

終演後はロビーでのパフォーマンスにサイン会とサービスも満点。

突然の来日ということで、残念ながらお客さんの数は決して多くなかったのですが、多くのお客さんは大満足で、CDも飛ぶように売れていました。是非また来てほしいですね。

ということなのですが、AHもすっかり気に入ってしまって、10月1日(月)21:30から六本木サテンドールでのライブを予約してしまいました。ちょっと夜遅いのですが、残業必至ということを考えるとそれでも楽しめればいいやという感じです。ちなみに1回目は19:30です。絶対におススメですよ。

http://www.leglant.com/satindoll/

|

« トランペットのこだわり | トップページ | BCJロ短調(10/6川崎)&CD(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/16612915

この記事へのトラックバック一覧です: ナゾのb vocal:

« トランペットのこだわり | トップページ | BCJロ短調(10/6川崎)&CD(1) »