« 久々のミトデラルコ | トップページ | BCJカンタータ第36巻 »

2007/07/26

石川和彦 ヴァイオリンライブその1

今日は珍しくコンサートの事前紹介です。

石川和彦のヴァイオリン・ライブ 

その1 ラ・フォリア~狂気のヴァイオリン

バロックヴァイオリン:石川和彦、チェンバロ:佐藤麻衣子

【日時】 2007年8月3日(金)19:00開演(18:30開場)

【会場】 マイスペース・アスピア

渋谷区幡ヶ谷2-14-3

京王新線幡ヶ谷駅より徒歩2分

http://www.din.or.jp/~aspia/home.htm

【曲目】

F.A.ボンポルティ インヴェンシオーネト短調op.10-4

Th.バルツァー 2つのプレリュードとアルマンド

A.コレッリ ラ・フォリア 他

全席自由 3000円

【問い合わせ】 沢井事務所 TEL 042-394-9199

office-sawai@mbn.nifty.com

今回が初めての本格的ソロリサイタル。我が国ではまだ無名ですが、ストラスブール音楽院などでバロックヴァイオリンの研鑽を積み。フランソワ・フェルナンデス、桐山建志らに師事しています。いつもファンタジーにとんだ演奏を聞かせてくれますが、今回は「狂気」。ラ・フォリアも格調高い古典的ヴァイオリン曲というイメージがありますが、実はスペインの激しく情熱的な踊りで、最後は狂気で終わる。踊り手は手にカスタネットを持って踊る。今でいえばフラメンコのような踊りです。暑い真夏にふさわしい選曲です。

ちなみに、9月23日には、私も石川さんと共演させていただくことが決まっています(わが古楽器オケのゲストコンマスとして)。彼とあわせるたびに今までに経験したことのないようなインスピレーションが湧き上がってくるのを感じます。言葉ではなかなか言い表せないので、是非皆さん方ご自身の耳で聞いてみてください。

|

« 久々のミトデラルコ | トップページ | BCJカンタータ第36巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/15910439

この記事へのトラックバック一覧です: 石川和彦 ヴァイオリンライブその1:

« 久々のミトデラルコ | トップページ | BCJカンタータ第36巻 »