« コンチェルト・パラティーノin神戸松蔭 | トップページ | BCJのロ短調ミサ »

2007/02/25

神業だ!OLCによるホルン協奏曲

皆さんには大変申し訳ありませんが、あれは、「神業」というより他にいいようがありません。

Teunis van der ZwartさんによるHaydnのホルン協奏曲。いかにも難曲中の難曲。しかし、平然と、音程もアーティキュレーションも音色も表情も完璧。文明の利器をもってもここまではできないのでは。楽章が終わるごとに拍手を送りたくなるほど。感動しました!!!

これについては、これ以上言葉では表現できないのでこれくらいにして、「ポストホルン」。

いや~、やっぱりこうじゃなきゃ。いいね、木管軍団+ホルン。菅きよみさんの横笛が最高!ホントによく通る音。しっとりと。前田りり子さん、そしてオーボエのお二人との掛け合いもすばらしい。どこまでも渋いいぶし銀のファゴット、さらにそれを響きで支えるホルン。完璧なハーモニー。聴かせてくれます。もういうことなし!これだから、やっぱり古楽器オケはいいんですよ。ちなみに、この時代の木管軍団を「ハーモニー(ハルモニー)」と呼ぶようですね。ハイドンの「ハルモニー・ミサ」のハルモニーです。まさにその名の通り。

と、感動しまくって、あとから秀美さんの解説を読んでみると、こんなことが・・・。

「自分は弦楽器奏者だからかもしれないが、モーツァルトの色彩感は豊富な管楽器の使用によるところが大きいように思われる。楽器間の対話や溶け合う音色、様々な意味でのアンサンブルをお楽しみいただければ幸いである。」

自分も弦楽器奏者だからかもしれませんが、その醍醐味を存分に楽しんじゃいましたよ。惚れちゃいますね。古楽器を使って、しかも皆さん雄弁でアンサンブルがうまい。これだからやめられない。

さて、肝心の「ポストホルン」。郵便屋さんがこんなおしゃれな到着の合図を奏でていたなんて。。。ホントにまろやかで美しい音色ですね。それにしても、大して音を使っていない、音符にすると単純そのものなのに一流の音楽にしてしまうモーツァルトもさすがです。

あっ、もちろん、弦楽器もよかったですよ。弦楽器がしっかりとやっていてこそ管楽器が生きる。いい引き立て役でした。でも、あまりにホルンソロと木管アンサンブルがすばらしすぎて・・・。そして忘れてはならないのがティンパニの近藤さんですね。最近この方の存在感がどんどん増しているような気がします。

「受難」交響曲は私の好きな曲の一つです。このプログラムですと最初にならざるを得ませんが、個人的にはコンサートのとりに持ってきてもよいような内容の濃い曲、演奏だったと思います。もしかなうのであれば、もう一度聞いて見たいです。

さて、他にもお伝えしたいことがあるのですが、それは次回に。

それにしても思うんですけど、このコンサート、この内容にしては少々安すぎないかと・・・。

|

« コンチェルト・パラティーノin神戸松蔭 | トップページ | BCJのロ短調ミサ »

コメント

こんばんは♪自分も24日行きました。いい加減、ピリオド系のコンサートでお互い会ってそうですよね(笑)フルートはヒュンテラーで育った耳には物足りなく感じてしまいましたが、ホルンは凄かったですね!!ハイドンの受難は同じく好きな曲で、実際に聴けて良かったです。終演後にズヴァルトさんに感想を言ってから、18世紀オケが大好きだと伝えたら喜んでくれました。18世紀オケへの愛を感じられたので嬉しかったです。

投稿: ハリー | 2007/02/26 21:01

ハリーさん

絶対にお会いしてますよ。それも何度となく。お顔を拝見すればすぐわかるくらいに。

フルートはヒュンテラーのような「強烈」なインパクトはないですが、普通には雄弁だったかと思います。菅さんのフルートというのは、一見何の変哲もないように聞こえるのですが、音色に深みがあるのか、私にはしみじみと味わい深く心にしみてくるのです。木管セッションは、和声の響きもさることながら、アーティキュレーション、うたい回しが基本的には同じ傾向なので、ユニゾンや掛け合いがとても聞きやすいですね。

それにしても、あのホルンはすごかったですね。そのうちMozartのホルン協奏曲もやってほしいです。

投稿: AH | 2007/02/26 21:44

秀美さんにはグラン・パルティータとナハトムジークが聴きたいとリクエストしました(笑)「いずれ」と言って頂いたので楽しみに待ってます。ズヴァルトさんなら何をやっても聴きたいですね。それにしても、あんな難曲を楽しそうに吹いてるズヴァルトさんは凄いです。ごめんなさい。結局「凄い」と言う言葉しか言ってないですね(^^ゞ

投稿: ハリー | 2007/02/26 23:23

私もグラン・パルティータが聞きたいと思いました。OLCとしてやるかどうかは別として、あのメンバーで聞いてみたいですね。

投稿: AH | 2007/02/27 00:20

18世紀オケの管楽アンサンブルが来日してくれたら完璧でしょうね。クラリネットには名手のホープリチさんもいるので。ホープリチさんと言えば、東京バッハ・モーツァルト・オーケストラと共演するみたいですね。今週中にチケット取る予定です。

投稿: ハリー | 2007/02/27 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/14036630

この記事へのトラックバック一覧です: 神業だ!OLCによるホルン協奏曲:

« コンチェルト・パラティーノin神戸松蔭 | トップページ | BCJのロ短調ミサ »