« 新システムで聴くBCJ | トップページ | ピリオド奏法について考える(1) »

2007/01/07

The Making of the Symphonies

今日、やっとHarnoncourtのDVD「The Making of the Symphonies」を入手して早速見ました。いや~面白いし勉強になる。「当時の文献にこう書いてあるからこうやらなければならない」ではなく、「~を表現したいからこうやりたい」という音楽中心の指揮ぶり、そして、いつも笑いが絶えないメンバーの顔。音楽的な要求は技術的にも高度なものを求め(Vnでいえば左手ではなく右手の技術)、技術が表現を規定するのではなく、表現したいことを実現するための技術だというスタンスは徹底している。そして具体的でわかりやすい。まぁ、若手の名手ぞろいのECOだからというのもあると思いますが、音程だのの音楽以前の話ではなく、あくまで音楽的な指示。リズムもメトロノーム的に正確かどうかではなく、音楽的に適切かどうか。ヴィブラートも「当時はノンヴィブラートだから」ではなく、「ここはこういう表情がほしいからノンヴィブラート」。面白いのは「もしできるのであればヴィブラートをかけないでほしい」とお願いすること。オケメンバーとしては、そういわれると「できない」とは意地でも言えないのでやるということなのでしょうか。

彼が求める表現というのは、かつてバロックをやっていたころにすでにやっていたことに相通じるところはあるように思えます。数々の冗談音楽を含む標題音楽(ビーバーやヴィヴァルディなど)でのアプローチに極めて近い。ベートーヴェンの交響曲も一種の標題音楽であるということなのでしょうか。

アマチュアオーケストラでも、アーノンクールのような音楽はできないのでしょうか?指は回らないし音程は悪いしボウイングも下手。とてもアーノンクールのような音楽的な要求には応えられないかもしれない。でも、音楽的な要求があって、それがとても楽しくて、それを何とか実現したいと思えば、きっとボウイングもそれが表現できるように練習するでしょうし、今までのやり方を漫然とやっていたのでは到底表現できないということにも気づくでしょう。音程も、その和声がどのような表情を出したいのかというイメージがあれば、そういう音程に向かうでしょう。歴史的に正しいボウイング、正しい技術、正しい音程ができてから音楽をやるのではなく、音楽的な要求の中でどんな技術や音程が必要なのかを理解するということをやれば、もっとアマオケの演奏もすばらしくなると思う。指が回るようになって、音程が取れてそれで本番、というのではあまりにつまらない。また、自分では広げられない自分の表現の幅を自分の実力以上に広げてくれるそういう経験がしたい。「危険を冒してでも」というくらいやってみたい(たぶんやれば失敗すると思いますが、音楽的には悔いはないのでは)。

そんなことを感じさせたDVDでした。ちなみに一緒に収録されているベートーヴェンの6,8番は、CDの全集と同じ録音のようです。このDVDを見てから改めてCDを聴くと、今まで気づかなかった色々なアイデアが聞こえてくるかもしれません。また、DVDでアーノンクールの指揮ぶりや弦楽器のボウイングなど見ながら聞くと、よりわかりやすいと思います。個人的にはかって損のないDVDだと思いました。

|

« 新システムで聴くBCJ | トップページ | ピリオド奏法について考える(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/13377117

この記事へのトラックバック一覧です: The Making of the Symphonies:

« 新システムで聴くBCJ | トップページ | ピリオド奏法について考える(1) »