« OLCがジュピター! | トップページ | ピリオド奏法について考える(3) »

2007/01/18

ピリオド奏法について考える(2)

「明日は」といいながら、(2)がずいぶん遅くなってしまいました。

「奏法」と名のつく本(もちろん古楽関係ですが)を見てみると、ほとんどの本には楽譜の読み方・記譜法、装飾法、和声、解釈そして独奏、合奏の演奏の心構えなど、演奏する上で必要なさまざまなことが書かれています。音を出すためのテクニックよりも多いくらいです。つまり、楽器の奏法というよりは演奏論全体にわたっているわけです。もちろん、その多くは海外の文献の翻訳なので、原題には「奏法」という言葉が使われているわけではないのですが、日本語訳としては「奏法」と命名されるようです。L.Mozartの「バイオリン奏法」、クヴァンツの「フルート奏法試論」、ジェミニアーニの「バロックのヴァイオリン奏法」などです。そのほかに「演奏法」「技法」などというのもあります。

ということで、これから先は、そういった演奏に関わるあらゆる方法論をひっくるめて「奏法」と呼んでいきたいと思います。そして、「ピリオド奏法」という場合の奏法は、単なる楽器の音の出し方を超えた意味での「奏法」なのだと考えられます。この、「超えた」部分こそがモダン楽器による「ピリオド奏法」の秘密があります。

次回は、書く時に考えます。

|

« OLCがジュピター! | トップページ | ピリオド奏法について考える(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/13568839

この記事へのトラックバック一覧です: ピリオド奏法について考える(2):

« OLCがジュピター! | トップページ | ピリオド奏法について考える(3) »