« ピリオド奏法について考える(1) | トップページ | 鈴木秀美モダンオケを振る&ピリオド奏法(特) »

2007/01/08

新システムで聴くBCJ(2)

嗚呼、頭の中がおかしくなりそう。。。

再びBCJのカンタータを聴く。こんなにじっくり聴くのは初めてかもしれない。スピーカー2本を底辺として二等辺三角形の頂点の位置に座る。ちょうど、オペラシティでの指定席の位置関係と同じような感じ。録音会場は松蔭なので、響きの感じは違うものの、ポジションとしては生に近い。

何をやろうとしたのか。それは楽器やソリストの位置を聞き取ろうというものでした。客席から見て左側にVN、右側にオーボエ。真ん中にふたを取ったチェンバロがあって、奏者が背中を向けるような感じ(雅明さんが指揮をしながら弾く関係で)。そのチェンバロの奥に右側にチェロ、左側にヴィオラ。チェロの右にはファゴット、その隣といおうかちょっと奥にはオルガン、その後ろといおうか脇にコントラバス。そして一番ステージ寄りにオーボエ属。フルートがいるときにはオーボエの左か右、つまり一番ステージ寄り。Vnの後ろにはトランペット、ティンパニ。合唱は、左からソプラノ・アルト・テナー・バス、ソリストも同様。ソリストはソロのときは前に出てきて歌うが、チェンバロの脇か前、場合によっては合唱とチェロの間。サックバットがいるときには合唱の前。なお、ちょっと前の本番では、Vnの後ろにオーボエ属がいたこともあり。こんないつも見慣れた配置のところから音が聞こえてくるのかを確かめようというものです。

結果は、頭の中が大混乱!部屋が悪いのか、オーディオが悪いのか、それとも自分の耳や頭が悪いのか、「こんなはずがない」というところから音がでてきます。また、同じカンタータの中でも楽章によって楽器の位置が変わって聞こえてしまいます。5.0または5.1chであれば、ちゃんと聞こえるのでしょうか?ソリストは前にでてきて立つ場所でずいぶん変わると思いますが、楽器は本番ではせいぜいその場で立つだけで、位置まで動くというのは極めてまれ。まして、チェロが動くなどということはありえない。でも、チェロが微妙に右に行ったり左に行ったり、むしろ中心より左寄りにいるときが多いように感じてしまいます。また、チェンバロが真ん中寄りながら、ちょっと奥に入ってしまっているような気がします。生だとあんなに目立つのに、えらく控えめです。また、オーボエもなぜか左奥(2nd Vnの後ろ)のほうから聞こえてくることがあります。Vn2本のデュエットがオブリガートになるとき、本番であれば、夏美さんもあずみさんも左側から聞こえてくるはずが、2ndのあずみさんが右から聞こえてきて、対向配置のような感じになっています。フルートも左寄りに聞こえるし。終始変わらないのは1st VNとトランペットくらいでしょうか。オーディオセットをチェックしても、接続にはおかしなところがない。

そろそろ耳の老化が始まっているのか。オーディオセットがおかしいのか、それとも、ミキシングの際に担当者の好みでわざとそうやっているのか、レコーディングの時には、本番と違う配置で演奏しているのか(オブリガート楽器付アリアとかは、オケが全員いる時に録音するわけではないので、楽器も自由に配置できるとか)。CDを家庭で聴きやすくするための工夫というのはあるかもしれません。

別の可能性は、あの会場の響きなので、楽器の音がいろいろなところから聞こえてくる。特にフルートなどは生で聴いても音の指向性があまりないので全然違うところから聞こえてくるまたはどこから聞こえてくるのかわからない、ということで、それを忠実に録音しているということなのか。

とにかく、私の耳には、生とは違う配置、バランスで聞こえてくるのです。やはり生と録音は違うし、違って当然なのだ、ということなのか、私の耳がだめなのか。いずれにしても、配置にも意味があるわけだし、楽器の場所が動いて聞こえるというのは私にとってはどうも落ち着きが悪い。

このままだと気持ちが悪いし、自信喪失してしまうので、どなたかに真実を伺いたいです。

嗚呼、こんな聴き方するくらいだったら昔のボロスピーカーの方がよかったのかもしれない。。。。

|

« ピリオド奏法について考える(1) | トップページ | 鈴木秀美モダンオケを振る&ピリオド奏法(特) »

コメント

「バッハからの贈り物」によると、BISの録音は、楽章順にするのではなくて、人数の多い曲を先に録って、だんだん少人数の曲に進むという方法だったと記憶しています。曲ごとにフルートの人が違った席に座って演奏していることは当然ありうるのではないでしょうか? そうだとすれば、AHさんの耳がおかしいのではなくて、耳が良いということだと思います。

投稿: KJO | 2007/01/18 09:14

KJOさん ありがとうございました。あの本にそんなことが書いてあったのですね。もう一度読み返してみます。わたしも録音をのぞいたことはあるのですが、いつもフル編成の部分なので、それ以外がどうなっているのかは知りませんでした。

実は昨日、もともと持っていたSACD再生機能付のミニコンポにつける5.1ch用のサラウンドスピーカーを買ってしまいました。B&Wでそれをやると置き場所も困りますし、財政破綻をきたしますが、ミニコンポ用であれば、コンサートチケットより安いですし。。。これで、BCJのマルチチャンネル録音がどんな感じなのか、楽器の位置はどう聞こえるのか、改めてつかんで見たいと思います。

投稿: AH | 2007/01/18 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/13386190

この記事へのトラックバック一覧です: 新システムで聴くBCJ(2):

« ピリオド奏法について考える(1) | トップページ | 鈴木秀美モダンオケを振る&ピリオド奏法(特) »