« KCOコンサートを振り返る | トップページ | ヘレヴェッヘ ロ短調ミサ買いましたか? »

2006/05/27

violoncello da spalla

violoncello da spallaという楽器が、最近古楽界の一部で大流行している。4月終わりにはディミトリー・バディアロフが無伴奏チェロ組曲を近江楽堂かどこかで演奏。今月半ばにはLa Petite Bandeがバッハの協奏曲のチェロパートをこの楽器で演奏。そして6月には寺神戸さんが無伴奏チェロ組曲。といった具合。以前には、バディがBCJのカンタータの中でヴィオロンチェロピッコロのためといわれている第6番のコラールのオブリガートをこの楽器で演奏した。

この楽器については、以下のサイトを参照。

ディミトリー・バディアロフによる解説

http://violadabraccio.com/index.php/content/view/19/29/lang,ja

http://violadabraccio.com/index.php/content/view/4/31/lang,ja/

復元にあたって尽力した学者の論文

http://violadabraccio.com/index.php/content/view/10/26/lang,ja/

寺神戸さんによる感想等(シギスヴァルト・クイケンの弾いている姿もある)

http://boreades.exblog.jp/1634907/

(AHの感想)

この楽器は、正直、オペラシティクラスの大きなホールでは弱々しくて、あまりぱっとしない。やはりチェロの方が音の輪郭がはっきりしていて聞きやすい。しかし、もう少し狭いところで、極めて室内楽的な編成で演奏されるなら、この繊細さは大きな強みとなりうる。他の楽器と溶け込み、他を圧倒してしまわないやさしさがあるように思える。

そして、聞いている人よりも弾いている人が楽しめるように思える。La Petite Bandeでは、この楽器を弾くシギスとバディの2人だけが異様に生き生きとしていたように思えるし、シギスはVNの時よりよほど楽しそう。この楽器を弾いてからブランデンブルク4番のソロをVNで弾くというのはとても無謀のようにも思えますが、それでもどうしても自分で弾きたかったのでしょう。AHもこの楽器で思いっきり通奏低音を弾いてみたい。そんな欲求に駆られる。ヴァイオリニストにとってはとても魅力的。

それにしても、バロックヴァイオリン奏者というのは、モダン弾きと違って、普段から通奏低音と同じ言葉を話しているのだ、ということが改めてわかりました。専門のチェロ弾きやガンバ弾きのように、又はそれ以上に雄弁に通奏低音を弾きます。LPBもシギスとバディのこの楽器が音楽的には他のパートを完全に圧倒していて、存在感がありました。音量はたいしたことないのにです。それが全体としていいのかどうかは別として。VNがもっともっと存在感を示してほしかったですが、明らかに力不足。以前、寺神戸さんがやっていた頃とは比較にならず。その寺神戸さんですが、最近はLPBにもあまりでていないようですが、もし彼がLPBに乗ったら、たぶんこの楽器を誰が弾くかでもめそうです。

さて、すでに売り切れではありますが、6月の寺神戸さんのコンサートの紹介です。

http://i-debut.org/journal/j_disp.asp?code=7200

結局買えず。ああどうしよう・・・

お楽しみに

|

« KCOコンサートを振り返る | トップページ | ヘレヴェッヘ ロ短調ミサ買いましたか? »

コメント

ピリオド楽器でもいまは幻のアルペジョーネがあります。現在、このヴィオロン+ギターなる6弦の楽器を復元しています。

投稿: Okusan | 2007/01/27 19:40

Okusanさん 情報ありがとうございました。

アルペジョーネは、シューベルトの「アルペジョーネソナタ」のアルペジョーネでしょうか?いったいどんな楽器になるのでしょう?出来上がったら是非ご紹介ください。

投稿: AH | 2007/01/27 23:50

杉並の介護施設、シーダ・ウォークという会場を借りて毎週土曜コンサートを開催しています。24日は私も弦楽アンサンブルに2ndVnを弾く羽目になって、どきどきなんです。以下が案内ですが、お時間ありましたらどうぞご来場下さい。毎回100名の患者様・職員と地元住人がお聴きくださっています、無料です。
http://blogs.yahoo.co.jp/zero_concert/folder/525630.html

投稿: Okusan | 2007/02/01 21:34

in the Park(プロムナード荻窪)の一角、クイーンズ伊勢丹の隣の青梅街道に面しているところですね。あのすぐ近くの本郷教会というところに時々バッハを聞きに行きます。

私も荻窪なので、アルペジョーネができたら見に行きたいな。

投稿: AH | 2007/02/01 21:49

31日 土曜 PM13:30-、シーダ・ウォークで弦楽四重奏を予定しています。知人で東京音大卒業生らが出演します。よろしかったらどうぞお立ち寄りください!

投稿: Okusan | 2007/03/10 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/10257424

この記事へのトラックバック一覧です: violoncello da spalla:

« KCOコンサートを振り返る | トップページ | ヘレヴェッヘ ロ短調ミサ買いましたか? »