« 美登里うぐいす | トップページ | 古楽、桜、焼きいも、うぐいす »

2006/03/29

うぐいすの謎

今日は終日、うぐいすについて考えていたのですが、どうしてもわからないことが。

それは、なぜ「美登里うぐいす」はいるのに「ペーターうぐいす」や「ゲルトうぐいす」はいないのか。つまり、人間のようにオスとメスとかで鳴き声が違わないのか、オスの方が低い声ではないのか、ということ。否、もしかしたら「美登里うぐいす」がメスだと勝手に決め付けているだけで、もしかしたらオスかもしれない。残念ながらそこまでは確かめられないし、オスとメスの区別の仕方もわからない。考えてみれば、同じ哺乳類でも、オスの鳴き声が低くてメスが高いという話は聞いたことがない。オスしか鳴かないという生き物もあったような気がしますが、大部分は人間には区別がつかない。イヌはイヌだし、ネコはネコ。ソプラノとバスのような違いは見出せない。サルにしてもそう。オスザルにのど仏はあるのか?

と考えると、人間はかなり特殊な生き物。言葉を話すという以前にどうして声の高さが違うのだろう?その進化の過程を解明することで、ソプラニスタの謎も解けるかもしれない。

などと考えると、歌手って凄いな、と改めて思う次第です。

|

« 美登里うぐいす | トップページ | 古楽、桜、焼きいも、うぐいす »

コメント

「ほーほけきょ」と鳴いていたら、オスです。メスは囀らないんじゃなかったかな。
囀りには3種類あるそうですが、3種類を上手く囀ることができるものはほとんどいないそうです。

投稿: みゃ | 2006/03/30 13:34

そうか。うぐいすはオスしか鳴かないんだ。

あれ以来、うぐいすの鳴き声を聞いていない。聞けたのはかなりラッキーかな。

投稿: AH | 2006/03/30 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/9306644

この記事へのトラックバック一覧です: うぐいすの謎:

« 美登里うぐいす | トップページ | 古楽、桜、焼きいも、うぐいす »