« 静かなる聖夜のメサイア | トップページ | 本郷教会のクリスマス »

2005/12/25

古楽焼きいも屋のクリスマスは「マタイ」

今日は12月25日、クリスマスです。

そんな日もAHは古楽焼きいも屋を求めて善福寺川へ。するとかすかにオーボエ・ダ・カッチャの音色が・・・。そして「Wohin?」という群衆の声が聞こえる。なんとマタイではないか!そして、閑静な住宅街にある河原に「Eli,Eli,Lama,Lama.asabthani」という叫びが響き渡る。いかにクリスマスとはいえ(否、クリスマスに「受難」だから、最もふさわしくないのかもしれませんが)なんとも異様。AHはどんどん音源に惹きつけられる。そして「小1つ!」と思わず買ってしまう。そして訊ねる。「クリスマスにちなんでマタイですか?」、すると「いや、そうじゃなくて、テープがそこにあったのでなんとなく」という答え。こんな日にマタイをかけていたのでは、焼きいも屋ではなく、街頭の宣教活動と間違えられそう。

さらに曲は進み、終曲合唱へ。いよいよこれで終わりかと思いきや、なぜか途中で終わってしまい、なんと2部の最初に戻ってしまったのです。そして延々とマタイが続く。終わるまで帰らないわけにも行かないので、ころあいを見て挨拶をして帰ろうとしたところ、「今度いい曲があったら教えて下さい」とのこと。客のリクエストを聞く焼きいも屋というのも珍しい。せっかくだから、BCJの渋~いCDでも紹介してみようか。しかし、シュッツに続いてマタイまで登場してしまうと、どこまで行っても同じという感じ。正月から登場するそうなので、正月早々から相生橋周辺を古楽で満たしてしまおうか。それとも、OLCでさわやかに行こうか・・・。

それにしても、この焼きいも屋、本業の焼きいものほうも相当のこだわりを見せる。詳細は省略するが、まさに職人。焼きいもの本来あるべき姿を追求。

来週の日曜は元旦。果たして現れるのでしょうか?

|

« 静かなる聖夜のメサイア | トップページ | 本郷教会のクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/7820915

この記事へのトラックバック一覧です: 古楽焼きいも屋のクリスマスは「マタイ」:

« 静かなる聖夜のメサイア | トップページ | 本郷教会のクリスマス »