« 体の力が抜けた!寺神戸さんの近代もの | トップページ | ああ落ち込んだ・・寺神戸レクイエム »

2005/11/28

古楽焼きいも屋

杉並区の阿佐ヶ谷付近の善福寺川のほとりで、変な焼きいも屋を見つけました。おなじみの「い~しや~きいも~」のアナウンスの代わりに、ずっと古楽、しかもカウンターテナーの弦楽器付のイタリアのカンタータみたいなのをずっとかけている。しかも、どこにも「やきいも」という表示はなし。招き猫のような絵が車に書いてある。価格表があったのでかろうじてわかったけど、あれじゃ一体誰が買うんだろうという感じ。店主はこれまた普通の焼きいも屋とは全く雰囲気の違う、どちらかといえば楽器制作者のような雰囲気を持った方。

やきいも買って話をしたかったけど、連れがいていくらなんでも怪しげだったので買えず仕舞い。来週もいるかもしれないので行ってみたいけど、この風変わりなやきいも屋さんの正体を知っている人がいたら教えてほしい。

この付近は、確かに「古楽の気」が流れているような感じはしますが、まさかやきいも屋まで・・・。恐るべし杉並!

|

« 体の力が抜けた!寺神戸さんの近代もの | トップページ | ああ落ち込んだ・・寺神戸レクイエム »

コメント

その焼きいも屋さんと一度お話されるときっとおもしろいでしょうね。うちの近くでは、A-415という喫茶店があります。店内には、ど~んとチェンバロが鎮座されています。店主は、バッハ好きが高じて、室内楽ができる店をつくってしまったそうです。

投稿: アーノンクーレ | 2005/11/30 00:52

焼きいも屋さんの写真がありました。さすがに音はお伝えできないのが残念。でもこれで売れるのかな?

http://plaza.rakuten.co.jp/ideaeast/diary/20051113/

http://amarno.exblog.jp/i5

投稿: AH | 2005/11/30 23:55

 はじめまして。
 「WEBぶらあぼ」でブログを書いております編集のMと申します。
 昨年の話で恐縮なのですが、古楽焼きいも屋さんのお話があまりにおもしろかったので、リンクさせていただいておりました。今更ながらTBし、さらにページ全体をリンクさせていただきたく、ご挨拶いたします。
 TBページにも書いたとおり、古楽は好きですがまだまだ勉強中ですので、AHさんのページを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします☆★

投稿: | 2006/01/29 15:25

Mさん はじめましてAHです。コメントありがとうございました。全体リンク、もちろん歓迎です。

古楽焼きいも屋さんですが、ここ2週間ほど会っていません。大雪の翌日の日曜日に善福寺川に行ったのですが、さすがにその時は来ていませんでした。しかし、なんともおしゃれでインテリな焼きいも屋さんなんですね。ちゃんと屋号があって、木へんに空と書いて「くう」というらしいですが、それを筆で紙袋に書いている。「焼きいも屋でも一応屋号くらいないと」とおっしゃるのですが、焼きいも屋の屋号などというのは聞いたことがないです。ところで、「古楽の気」という言葉にうなづかれたとのことですが、阿佐ヶ谷あたりに何かご縁があるのですか?では今後ともよろしくお願いします。AH

投稿: AH | 2006/01/29 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/7353525

この記事へのトラックバック一覧です: 古楽焼きいも屋:

» 古楽器入門 [ぶらあぼ★まいろぐ]
副題:ネガティヴ・オルガン というのは冗談で(A様、約束は果たしました…?)、今回は、波多野睦美インタビュー&先日のコンサート以来いっそう好きになった「古楽」にまつわるお話。 古楽(こがく, early music, Alte Musik)は中世、ルネサンス期、およびバロック期...... [続きを読む]

受信: 2006/01/29 15:05

« 体の力が抜けた!寺神戸さんの近代もの | トップページ | ああ落ち込んだ・・寺神戸レクイエム »