« シンポシオン演奏会 | トップページ | AHのオケ本番。モダン楽器と古楽器 »

2004/05/22

訃報 フォルテピアノ奏者小島芳子さん

昨晩、とても残念な知らせが入ってきました。

病気療養中だったフォルテピアノ奏者、小島芳子さんが21日朝にお亡くなりになったそうです。

私が最後に小島さんの演奏を聴いたのが、東京オペラシティリサイタルホールでの演奏。その時、松葉杖をついていてどうしたのかと思ったら、家の階段で転んで足を骨折したとのこと。「歳だね」などと皆さんで冗談を言っていたのですが、その頃にはすでに病んでいたようです。最近の鈴木秀美さんのコンサートで小島さんではなく平井さんだったこともあり、心配していたのですが・・・。

超細い体に似合わず、とてもキレがあって力強い演奏で響きが豊か、通奏低音などを弾くとチェロがいなくてもあたかもいるような表情を聞かせてくれていました。それでいて、Mozartなどでは「かわいい」表情がとても印象的でした。鈴木秀美さんとの数々の共演、CDでもよく知られ、よきパートナーでした。鈴木秀美さんのガットカフェで通奏低音を務めていましたが、アマチュアのあまり上手くない生徒が通奏低音パートをチェロを弾いても、彼女が一緒に弾くと生徒の問題点がすべてかき消されてしまうほど凄いインパクトがありました。

彼女の夫妻には、個人的にも色々とお世話になりました。夫君の福沢宏さんに発表会のときにお世話になることがあって、お宅にもお伺いしました。彼女の「得意芸」は「クレヨンしんちゃん」の「野原しんのすけ」のまねでした。普段の生活の中でもついつい「しんのすけ」になってしまう、そんなひょうきんな一面もありました。

お父様にもよくしていただきました。お父様はいつも私の「ひとりごと」を読んでくださっていて、小島さんのコンサートでお会いすると若松夏美さんとのMozartのCDをいただいたりもしました。

そんな小島さんの訃報を知ってか知らずか、昨晩のBCJでの鈴木秀美さんがとても元気なく感じました。演奏が終わったあとでも、とても厳しい表情をしており、「何か変だな」と気になっていたのですが、秀美さんの落ち込みは相当なものでしょう。

復活を信じ、これから、いよいよ円熟味・味わいを増すだろうと期待していただけに、残念でなりません。

心からご冥福をお祈りいたします。

|

« シンポシオン演奏会 | トップページ | AHのオケ本番。モダン楽器と古楽器 »

コメント

芳子の父の小島順です。
「小島芳子の死」を取りあげて下さり,ありがとうございます。

芳子本人のサイトはなかったので,息子(芳子の弟)の協力で,泥縄で
「小島芳子のサイト」
http://oshirase.com/yoshiko
を立ち上げました。

とりあえず,「お別れの会案内」,「闘病記録」をのせました。

三つの新聞(読売,朝日,日経)の死亡記事のURL をトップページに書いておきました。

芳子はもうこの世界から消滅したのであり,人々の記憶の形でだけ生き残ることができます。そう思って,本当に泥縄式ですが,サイトを作り始めました。立ち寄って頂ければ幸いです。

投稿: 小島 順 | 2004/05/25 02:37

「小島芳子のサイト」URL の訂正

大変ご迷惑をかけました。
URLを間違えました。正しくは
http://www.oshirase.com/yoshiko
でした。

投稿: 小島 順 | 2004/05/25 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32419/633643

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報 フォルテピアノ奏者小島芳子さん:

» 小島芳子さん逝去 [CLASSICA - What's New!]
●夕刊でフォルテピアノ奏者、チェンバロ奏者の小島芳子さんの訃報を目にした。驚いた。日本の古楽器演奏の分野では知らぬ人のいない存在だったが、まだ43歳である。先日... [続きを読む]

受信: 2004/05/25 00:25

» フォルテピアノ奏者小島芳子さん死去 [ベリサリウス研究日誌]
小島芳子さん(こじま・よしこ、本名・福沢芳子=ふくざわ・よしこ=フォルテピアノ奏者)21日、肺がんで死去。43歳。 読売新聞朝刊の訃報欄で読んで知りました... [続きを読む]

受信: 2004/05/25 00:33

« シンポシオン演奏会 | トップページ | AHのオケ本番。モダン楽器と古楽器 »