ノーフォークテリア

権兵衛、桜とともに復活!

拙者、長旅に出ておったが、桜の季節ともなれば、やはり田端村に帰りたくなるのである。

Img_6753a

しかし、すでに田端大長屋はその姿を消してしまっていたのである。

Img_6748a

善福寺川に行く。

Img_6765a

相変わらず見事じゃ。

Img_6819a

今年は最近になく美しい。

Img_6848a

拙者の心は躍るのである。

Img_6785a

さて、久々に偽おくつろぎぃ~の岩にまいった。

Img_6878a

やはりここにきたからには、いもを供のものに要求するのである。「早うせい!」

Img_6940a

そして見よ!この満足な拙者の顔を。

Img_6875a

やはり花よりいもである。

Img_6924a

さて、数か月前に斜里どのがこの田端村を訪れたらしい。その際に立ち寄ったと思われるのが、この場所である。

Img_6917a

やはりこの場所は落ち着くのである。

最後に桜。

Img_6811a

田端村は無事のようじゃ。では再び旅に出ようか。

Img_7033a


しばしの別れじゃ。さらばじゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

権兵衛、目黒不動縁日に現る

長い間ご無沙汰いたした。

諸侯におかれては、暑い夏を無事乗り切れられ、恐悦至極にござる。

拙者、久々に江戸の街に繰り出すのである。今日は、目黒不動の縁日である。ここはなんとしてでも警備せねばならぬ。

Img_3603a

と出かけたものの人が多すぎて歩けないのである。

Img_3598a

供のものは例によって団子にしか興味がないのである。

仕方がないので、斜里殿にご教授頂きし、林試の森なるところに出向くのである。

Img_3518a


入り口である。

Img_3520a

なんと、いまだに紫陽花が咲いているのである。

Img_3519a

恐るべし。

水がないが池の前である。

Img_3539a

橋を渡るのである。

Img_3581a


松の枯葉が痛いのであるが、辛抱である。

Img_3589a


烏に向かい走るのである。

Img_3574a


さて、武士にとって屈辱的なのは、「股の間を三度くぐってわんと言え」というものである。

しかし、拙者にとっては決して恥じるべきものではない。見よ!

Img_3621a

犬桜とは、何とも凛々しいではないか。

Img_3576a

すべては、この拙者の誇らしげな顔をご覧いただければ自ずとわかるのである。

Img_3565a

暑くなってきたので、帰るとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛、夏ばて

ここ数日は涼しいが、拙者は早くも夏ばてである。

Img_2425a

警備する気が全く起きぬ。

Img_2428a

実に眠いのである。

Img_2431a

しかし、飯の時だけは別である。

Img_2439a

拙者が再び警備に励むのは、いつの日であろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛、北の丸でも紫陽花

拙者、結局上様にお目通りかなわず、自称「御庭番」として警備することと相成ったのである。

Img_1907a

こうなると、やはり紫陽花である。

Img_1886a

顎紫陽花である。

Img_1863a

森の中をさまようのである。

Img_1883a

こんな紫陽花もあるのである。

Img_1889a

これぞまさに紫陽花らしい紫陽花なのである。

Img_1909a

紫陽花を背景におくつろぎぃ~である。

Img_1920a

名残惜しいのであるが、あきらめて武州田端村に戻るのである。

Img_1890a

さらばじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛、江戸城北の丸に登城す

ここは、江戸城北の丸、清水門前である。

Img_1821a

拙者、ついに江戸城に登城することとなったのである。

Img_1823a

御三家ばりに「吉祥寺権兵衛さま、おあ~が~り~」と行きたいところだが、素浪人の身ではそれもかなわぬ。

Img_1780a

まずは、まるで関所かという立札に。ここで通行手形を受け取るのである。

Img_1763a

清水門の薀蓄が

Img_1795a

では、いざ城中へ

Img_1803a

江戸城北の丸の地図である。

Img_1765a

拙者、武州浪人、吉祥寺権兵衛と申すもの。故あって上様にお目通り願いたく参上つかまつった。開門!(すでに開いておるが)

Img_1794a

そして、走るのである。

Img_1844a

百足であろうか。蟻の集団に襲われておる。

Img_1842a

そんなことには構わず急ぐのである。

Img_1838a

そして、城中にたどり着くのである。

Img_1767a

しかし、どうも様子がおかしい。

そう、ここは北の丸。上様がおわしますは本丸。拙者としたことが・・・。

仕方がないので、庭でも見て帰ることにしたのである。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛、田端村元住民、吉田茂翁に出会う

拙者、数週間前、とあるところを真剣に警備しておったのである。

Img_1739a

すると、さしも立派ないでたちの人物を見つけるのである。

Img_1756a

これはこれは、元田端村住人の吉田茂殿ではないか。一人宰相などと呼ばれておるようであるが、このようなところでお目にかかるとは・・・。

では早速

Img_1754a

もう一枚

Img_1759a

よく見られよ、吉田殿に敬意を表して変身したのである。

しかし、再び元の姿に戻り、科学に興味を示す拙者であった。

Img_1744a

吉田殿、これから暑くなるが、くれぐれも用心されよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛曰く、拙者はかゆい!

拙者、かゆいのである。

Img_1719a

蚤、だに、しらみ・・・が拙者を攻めてきているのである。

梅干しは大分赤くなってきているのである。

Img_1725a

まあ、この笑顔に免じて、大目に見てほしいのである。

Img_1710a

拙者は暇なのであるが、供のものどもが忙しく、なかなか諸侯にご挨拶できないのである。

やはり紫陽花である。

Img_1717a

おくつろぎぃ~ なのである。

Img_1731a

暑中お見舞い申し上げたい気分である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

権兵衛、砧でも紫陽花

拙者、芸術に接した後は、再び警備である。

Img_1499a

そして、今日も紫陽花である。

Img_1511a

どうだ

Img_1506a

微妙に色合いが異なるはずであるが、拙者の目には区別がつかないのである。

Img_1512a

まあよい。

Img_1496a

これも同じ色に見えるのである。

Img_1513a

思わず見とれて、踊りながらおくつろぎぃ~である。

Img_1517a

おくつろぎぃ~に見えるが、これは戦闘態勢、構えである。拙者の真剣な目を見よ!

Img_1505a

敵は、拙者の気迫に恐れをなし、去ったのである。

Img_1538a

砧に再び平和が戻ってきたのである。

Img_1528a

では警備を終了する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛、砧公園で文化に触れる

拙者、たまの休日には、教養を深めるために警備も兼ねて出かけるのである。

したがって、真剣である。

Img_1444a

着いたのは、ここである。

Img_1445a

道標を見上げるのである。

Img_1451a

そして、ここにたどりつくのである。

Img_1492a

世田谷美術館というらしい。

見慣れない馬と武士を背景に・・・。

Img_1489a

やはり、馬はよいのう。

Img_1480a

のどが渇いたので・・・

Img_1461a

復活である。

Img_1469a

ここにも顎紫陽花である。

Img_1442a

珍しい白紫陽花である。よく見ると、背後に拙者がいるのがわかるであろう。

Img_1440a

しばし、休息である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権兵衛、にこたま代官所に出頭す

拙者、某所に忍びの旅を続けておる。

Img_1555a

そして辿り着いたのが・・・

Img_1561a

馬場藩にこたま代官所である。

さっそくご挨拶。「拙者、武州浪人、吉祥寺権兵衛と申すもの・・・。お代官にお目通り願いたい」

Img_1565a

しかし、無名の素浪人である拙者に目通りが叶うはずもなく・・・。

仕方がないので、記念にお代官が裁きを下す場所に上ったのである。

Img_1570a

さっそく。とはいえ、さすがの拙者も遠慮するのである。

Img_1579a

代官所の役人から文句もいわれないので、

Img_1583a

そして、ずうずうしくおくつろぎぃ~である。

Img_1589a

武士らしく

Img_1598a

どうだ、参ったか!(?)

えーい、誰も拙者に注目せぬ。代官所の役人もやってこぬ。

牢に入れられても困るので、もうやめたのである。

Img_1591a

新たな馬場奉行所にも驚いたのであるが、にこたま代官所はそれよりもさらに広大なる敷地と役人数をほこっておるのである。武士の子息も数人、剣術指南役の門弟として修行を続けているのである。拙者のような素浪人には少々敷居が高いのである。拙者は仕官の途を追い求めるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧