« 2011年7月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年8月

権兵衛、目黒不動縁日に現る

長い間ご無沙汰いたした。

諸侯におかれては、暑い夏を無事乗り切れられ、恐悦至極にござる。

拙者、久々に江戸の街に繰り出すのである。今日は、目黒不動の縁日である。ここはなんとしてでも警備せねばならぬ。

Img_3603a

と出かけたものの人が多すぎて歩けないのである。

Img_3598a

供のものは例によって団子にしか興味がないのである。

仕方がないので、斜里殿にご教授頂きし、林試の森なるところに出向くのである。

Img_3518a


入り口である。

Img_3520a

なんと、いまだに紫陽花が咲いているのである。

Img_3519a

恐るべし。

水がないが池の前である。

Img_3539a

橋を渡るのである。

Img_3581a


松の枯葉が痛いのであるが、辛抱である。

Img_3589a


烏に向かい走るのである。

Img_3574a


さて、武士にとって屈辱的なのは、「股の間を三度くぐってわんと言え」というものである。

しかし、拙者にとっては決して恥じるべきものではない。見よ!

Img_3621a

犬桜とは、何とも凛々しいではないか。

Img_3576a

すべては、この拙者の誇らしげな顔をご覧いただければ自ずとわかるのである。

Img_3565a

暑くなってきたので、帰るとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年4月 »