目鯛と長ねぎのカレー煮

4月8日の夜ごはんは、 「C 目鯛と長ねぎのカレー煮」

Img_1618a

まず、安心お野菜のサラダ

春になって、野菜もますますみずみずしく、トマトは甘くなってきました。

Img_1610a

小鉢は、卯ノ花とほうれん草バターソテー

卯ノ花は久しぶりです。

Img_1609a

バターソテーはほうれん草の甘みが・・・。

Img_1611a

そして目鯛。

Img_1614a

CHANTではたまにしかカレー味は登場しないのですが、これが何となく懐かしい味なんです。昔を思い出しながら味わって食べたくなります。同じ料理を昔食べたわけではないのですが。。目鯛は色々な料理に使えるんですね。

発芽玄米もじっくりかみしめて。。。

おいしかった。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真さばのハーブ焼き

4月4日の夜ごはんは、 「C 真さばのハーブ焼き」

Img_0834a

小鉢は かぶと油あげ煮付、そして里芋そぼろ煮

かぶはいかにも新鮮そう。あまみもあって。

Img_0823a

里芋がとろとろに溶けています。

Img_0822a

そして真さばのハーブ焼き。

脂が乗っていて、皮もつやつやしていていかにもおいしそう。

Img_0826a

ハーブの香りが食欲をそそります。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見桜のパウンドケーキ

ちょうどお花見の時期に、 「お花見桜のパウンドケーキ」が登場していました。

Img_8536a

もちろん、阿佐ヶ谷「はちどり菓蔵」製。

去年もこの時期に登場しましたが、今年は味が洗練されてさらにおいしくなったような気がします。

桜の花びらの塩漬けをふんだんに使って、ケーキの甘さと絶妙な調和を奏でています。

Img_8537a

上だけでなく、中にもたっぷり使われています。

Img_8538a

ケーキの甘さがより自然な感じに。

有機栽培コーヒーとの相性もいいです。

Img_8541a

はちどり菓蔵で 通販もしているようです。

http://hachidorikagura.shop-pro.jp/

しばらくは八重桜なども元気に咲いていそうですし、甘酒のパウンドケーキと共に、お花見の供によさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲仙豚肩ロースソテーきのこソース

少々前になりますが、3月28日の昼ごはんは、 「A 雲仙豚肩ロースソテーきのこソース」

Img_8522a

小鉢は、有機野菜炒めと肉じゃが。

Img_8514a

Img_8513a

相変わらずジャガイモホクホク。にんじんは柔らかくかつしっかり。

雲仙豚は、肩ロース切り身をソテーにして、しいたけやしめじなどきのこたっぷりのソースをかけたもの。

Img_8520a

しょうゆ味やこしょう味が濃すぎないので、食べやすいです。

土日のお昼ごはんの雲仙豚はなぜかとてもおいしく感じて食欲が出てしまいます。

ごちそうさまでした。

(昼夜ごはんCHANT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒のパウンドケーキ

昼夜ごはんCHANTの久々の新作デザートは、 「甘酒のパウンドケーキ」 

もちろん、阿佐ヶ谷「はちどり菓蔵」製。

Img_8485a

見かけはプレーンパウンドケーキですが、甘酒で味付けしてあります。

ナイフで切ると同時に、甘酒の匂いがただよいます。

甘酒とパウンドケーキという組み合わせはいかにもユニーク。今まで聞いたことがありません。甘酒を飲みながらお花見、の気分でパウンドケーキを食べながらお花見という嗜好でしょうか。

Img_8476a

もともとはちどり菓蔵のプレーンは、甘さ控えめでやわらかい味わいなので、甘酒の味ともけんかせずに、うまくブレンドしています。ちゃんと甘酒の味がします。

今日は、コーヒーとの組み合わせでいただきましたが、日本茶で食べてもおいしいかも。

Img_8484a

このケーキ、はちどり菓蔵の通信販売でも扱っていないようで、短期限定品かもしれません。CHANTにいらしたら是非お早めに。

昼夜ごはん CHANT
杉並区荻窪4-27-13
Tel 03-3393-7398

| | コメント (0) | トラックバック (0)